天保十二年のシェイクスピア☆

0
    興奮覚め遣らぬまま書いています。
    たった今、渋谷のシアターコクーンで天保十二年のシェイクスピアをみてきました!

    このお芝居はなんというか、シェイクスピアの全作品が、そこここにモチーフとして使われているのです。ハムレットにマクベスがくっついて、その裏でロミオとジュリエットがすれ違って悲劇で、ジュリアスシーザーは心に裏腹な野心をもちながら演説し物語がうごくのです。
    (なんだそりゃ?一部誤解を招く表現あり)
    不勉強な部分がたくさんあって、すべての作品に気付くことが出来ませんでしたが、これからいろいろシェイクスピアを読んでいって、「あ、これはあのシーンだ」とか気付くのも楽しいだろうな。

    実はこのお芝居は4時間くらいあったのですが、本当に面白くて楽しくてあっという間でした☆

    コメント
    何か難しいようね・・・でも時代劇?
    オレ、勘違い?
    • タケ
    • 2005/09/24 10:27 PM
    実は、難しくないんですよ。
    メインのストーリーは、任侠ものなのです。
    なんというか、お話が進んでいく中で「あ、ここ○○と同じ展開だよね」とかそんな感じでシェイクスピアが絡んでくるのです。
    世の中の人間関係とゴタゴタは、みんな1回はシェイクスピアに書かれてしまってるのね。。。
    うん、時代劇ですね☆
    • 宮永麻衣
    • 2005/09/24 11:12 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ジャンル:大シェイクスピアパロディー 江戸時代編 満足度:A− 生で見れてよかった。{/kaeru_fine/} 蜷川氏演出の舞台は3度目、井上氏脚本の舞台は初めてでした。 2005年10月1日夜の部。席は2階席。 舞台を初盤・中盤・終盤に分けると、 脚本&演出役者スタッフ
    • びじょびじょん
    • 2005/10/02 5:12 PM

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    ランキングブログ参加中★

    ポチっとお願いします!
    にほんブログ村 演劇ブログ 役者へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM